page top

U建築

Panasonic Builders Group
Fas ファースの家

健康住宅ってこんな家■ 健康住宅ってこんな家

南信州の気候は、一日のうちで最も高い気温と、最も低い気温との差(日較差)、一年のうちで最も高い月の平均気温と、最も低い月の平均気温との差(年較差)が大きく、湿度が低いことが特徴です。
「快適な生活ができる住まい作り」において考慮すべき要素が多く、決して簡単な地域ではありません。
「寒いから床暖房」「乾燥するから加湿器」このような安易な考え方で「本当に快適で健康的な生活ができるのだろうか?」との思いから、U建築では「本当に快適で健康的な生活」が送れる健康住宅を地域の皆様にご提供してまいります。

<健康住宅とは>

家族が快適で安心して暮らし続ける住空間であることはもちろん、建物の構造体そのものも健やかで長持ちする住宅であると考えます。
その「健康住宅」の考え方と機能は、地震に強い「テクノストラクチャー工法」と省エネや創エネの効率を何倍にも高める断熱性に、快適空間を作り出す健康空気循環システムを兼ね備えた「ファース工法」の2つから成り立っています。

木と鉄を組合せた複合梁「テクノビーム」を使ったパナソニック耐震住宅工法です。地震などの一時的にかかる大きな力に強く、長い年月が経過した後の梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。
パネル式、ユニット式とは比較にならない間取りの自由度を確保しながら、パナソニックの構造計算により従来の木造住宅にはない耐震性と大空間を実現します。

快適な「湿度」と「気密性」を保ち健康的に過ごすには、4つの要素「温度」「湿度」「空気清浄」「空気の流れ」の絶妙なバランスが大切です。この4つの条件(温度、湿度、空気清浄、空気の流れ)をコントロールし住宅の中に取り入れることで冬暖かく、夏は涼しい、最適な温熱環境を作ります。
また、高い気密・断熱性能と空気循環システムにより「エアコン1台で冷暖房できる」省エネ住宅となります。
さらに空気循環の過程で大切な建物を構成する部材が常に新鮮な空気の触れることで、木材の水分量が一定に保たれてカビなどの腐食菌の発生や結露、シロアリの発生を抑制し建物を長生きさせるのです。

エアコン1台で「暖房できる家」「冷房できる家」

これらの機能はほとんどが目に見えないものばかりですが。その効果は住まう人の心地良い表情に表れると確信しています。
生きている空気と暮らす家、地震に強く、人も家も生き生きと爽やかな住まい。それがU建築のご提供する「健康住宅」です。
住み心地をどうぞ心ゆくまでご体感下さいませ。

健康住宅の施工事例■健康住宅の施工事例


茅葺屋根の思想を現代建築の中に生かした「ファースの家」

茅葺屋根は「水分管理」という不思議な機能を持ち、このことが四季を通じて住む人と家の健康を守ってきました。茅葺屋根は年中、大量の水分を保有しています。夏は日射熱や高い気温で水分が蒸発、家屋内の温度を放出します。一方、乾燥する冬は水分が家屋内に放出され、住む人の身体から湿気が蒸発(蒸発する時体温を奪う)することを防ぎます。
「ファースの家」は徹底してこの茅葺屋根の思想を、新建材で作られる現代建築の中に生かしているのです。

一年中ず〜っと快適が続く。それがファース
ファースの家:夏
ファースの家の冷房空間とは?

「ファースの家」は冷気を直接身体に当てない冷房空間をつくります。天井裏に「ファースの家」専用ベースエアコンを設置し、天井裏空間と人が常時いるお部屋に冷気を吹き出し、24時間運転いたします。建物内は天井裏からの輻射冷房とサイクルファンによって冷気を循環させ、構造体を冷やします。また、外断熱構造のため、外気温度の影響を受けにくく、構造体の温度は維持されます。さらに、ファース独自の調湿機能で、住宅内部に適度な水分量がキープされ、各部屋は不快感のない快適な冷蔵空間となります。
※建物の大きさや間取り状況によっては個別エアコンの取付けが必要になります。※「ファースの家」専用ベースエアコンはオプションとなります。※排気ファンは「ファースの家」専用ベースエアコンを設置していない場合に、天井裏にたまった熱気を排出させたり、補助換気として稼働させます。

ファースの家:冬
ファースの家の暖房空間とは?

「ファースの家」は蓄熱暖房器や窓から差し込む日射熱により構造体に熱を溜め込み、床・壁・天井からの輻射熱により、建物内の空間を暖めます。暖かい空気は上昇するので、基本的には1階に設置する暖房器でその上階も暖めます。天井裏まで上昇した暖かい空気は熱交換式換気扇から送られる新鮮な空気と混合し、サイクルファンから床下まで送られます。住宅内部の熱は床下の蓄熱材FASタイトプレート(または砕石)にも蓄熱されます。FASタイトプレート(または砕石)に蓄熱された熱は、天井裏より送られる外気からの新鮮空気が冷たくなったとしても、床下部分の急激な温度低下を防ぎます。外断熱構造・高性能サッシ・蓄熱構造・空気循環により、各部屋ほぼ温度差のない、快適な暖房空間をつくります。
※建物の大きさや間取り状況により、蓄熱暖房器の設置台数は異なります。※排気ファンは来客が多いときなど補助換気として稼働させます。


空気がサラサラ流れる快適空間。ぜひ見学会で実感してください
24時間休むことなく、空気の鮮度をキープ
構造体の中で働く空気循環システムが、外から取り込んだ空気を絶えず家中に送り込みます。建物を構成する部材が常に動く空気にふれているため、木材の水分量が一定に保たれて、カビなどの腐食菌の発生や結露を防ぎます。空気がグルグルまわるから、住まいも長持ち、人も健康でいられるのです。

それは森の空気のようなさわやかさ
外から取り込んだ空気は、床下に敷いたファースシリカでキレイにコントロール。室内の湿気が高くなると水分を抱え込み、逆に乾燥したときには水分を放出して適度な水分量を保ちます。

1年中、風通しのいい高気密・高断熱
ファースの家が外気の影響を受けずに夏も冬も快適に過ごせるのは、専用断熱材エアライトにヒミツがあります。家を魔法瓶のようにスッポリ包み、気密・断熱性能がアップして暑さ寒さを遮断。そのうえ、新鮮な空気が常に循環する構造だから湿気る・乾くといった不快感もありません。


家づくりのスケジュール■家づくりのスケジュール

ご契約までの流れ
出会い
展示場ご来場や完成見学会で当社の家づくりをご覧いただきます
14ヵ月
初回打ち合わせ・資金計画
住まいに関するご要望をお聞かせください
資金計画のお手伝いもさせていただきます
敷地調査・土地のご提案
敷地環境に合った家づくりのために、通風・採光・周辺環境・法的規制・設備環境などを調べます。また、土地をお探しのお客様に土地のご提案をさせていただきます
敷地調査報告・ゾーニング
敷地に適した建物の配置計画、
大まかな間取りのご提案をさせていただきます
プランのご提案
お客様のご要望をもとに、
暮らしやすいプランをご提案させていただきます
修正プランのご提案・お見積りのご提示
U建築の家づくりにご納得いただいたうえで、
家づくりのパートナーとしてご指名くださいませ
LIXIL 21世紀住宅研究所構造計算
お客様の家1棟ごとに強度チェックを行います
 
詳細プラン打ち合わせ
設備のご確認と照明灯の配線計画をいたします
2ヵ月
最終見積りのご提示
詳細打ち合わせの後、最終見積りをご提示いたします
ご契約
決定した内容の図面をご確認いただき、ご契約となります
確認申請・長期優良住宅の申請の準備に入ります
いよいよ工事が始まります
 
ご契約後の流れ
地盤調査
申請・準備
1ヶ月
着工式
地鎮祭
基礎工事
工期
4ヶ月
社内検査
JIO配筋検査
上棟・上棟式
社内検査
JIO構造検査
木工事
社内検査
内装工事
社内検査
完成
行政検査
社内検査
JIO完成検査
施主検査
お引渡し
3ヶ月・6ヶ月訪問
安心のアフターサポート体制
1年・2年点検
5年・10年点検